プロフィール

フォトアルバム
ゆう

「ゆうのまったりこつこつ日記」はホールスタッフのゆうが書いてます。
食べることが大好きです。
仕事を一生懸命頑張り、あいてる日は、ほとんど外食してます。
楽しそうなことは、首を突っ込むタイプです。
代官山 花壇の事や、外食日記を書いていきたいと思います。
最後まで一生懸命頑張ります!
よろしくお願いします(*- -)(*_ _)ペコリ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 門司港ホテルの朝♪ | メイン | 笑龍 渋谷店でアカデミックレストランもうすぐです♪ »

2013年11月29日 (金)

南信州の風の谷から古代米が♪ 前編

花壇では薬膳ご飯をご提供しておりますが

今回、新しく古代米が仲間に♪

古代米とは、野生稲の特徴を受けついでいる米を言います。

特徴は、長い茎を持ち、実に色がついている物が多く、実がつくまで日数がかかり

収穫も少ないですが、生命力が強く、多くのミネラルを含みます。

 

ご紹介いたしますhappy01

 

赤米

玄米の皮の部分に、カテキン(色素)等を含み、古代米の中でも最も野生稲に近く、

米のルーツと思われます。

これを炊いたものが本来の赤飯となります。

Img_6593

 

自然を感じる香りと色に炊き上がります。

レンゲ・草・落ち葉とわずかな有機肥料を使い稲の生命力を活かし育った

スマートな体系のお米です。

サラっとした食感で香甘みが自然体。

 

 

黒米

玄米の皮の部分に、アントシアニン(色素)を含み、紫米とも呼ばれます。

縁起の良い出世米として皇室御用米にもなりました。

中国の古書によれば、胃腸を丈夫にして造血作用があるとされます。

黒米がゆは薬膳料理として知られています。

Img_6594

 

農園さくらの自然に寄り添い暮らす農人が、山の妖精と豊年エビや野鳥達に助けられ

稲の生命力を活かし育ったスマートな体系のお米。

サラっとした食感で香甘みが自然体。

できる限り人工的な物を入れないで、稲と草を大切に育てるとCO2をたくさん吸収します。

 

ぜひ、召し上がってくてくださいね♪

 

 

お店に行けば、あたたかい料理とあたたかい笑顔がいっぱいあります

 

外食は笑顔を運びますよconfident

 

 

                   Twitterボタン

face book ページもございます

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/565821/31970655

南信州の風の谷から古代米が♪ 前編を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

花壇
  • TEL050-3463-4591